pixta_24998732_M

巷でブラック企業として名前が知れ渡ってしまっている企業の特徴から転職を考える

2017年1月27日

転職活動をする時に誰もが思うことは「自分にあった会社に転職したい」、「次は失敗したくない」、「どうかブラック企業では無いように」といったようなことだと思います。しかしこれらの考えに中でブラック企業か否かということはある程度想定できる方法があります。そこで今回は巷で今ブラック企業と言われている企業の特徴をまとめて話していきたいと思います。

経営トップの思考が強すぎる

まずブラック企業に多い特徴として経営トップの思考が強すぎるという点があります。確かに強い考えを持つことは会社を経営していくのに非常に大切で、強い信念がなければ経営のトップなど務まりません。しかしこの考えが強すぎると社員に無理難題を押し付けることにも繋がり、やがて不満が溢れブラック企業へと変貌を遂げてしまうのです。

その考え方がやがて下の人間に対して過重労働をさせてしまう

そしてその考えはやがて過重労働を社員にさせることに繋がってしまいます。無理なことを押し付けてしまうと仕事が進まない→仕事が終わらない→残業をする→疲労がたまる→仕事が進まないというようなループを繰り返しそれがやがて過重労働になってしまうのです。そしてこの過重労働をさせられるのは下の人間です。そのことからブラック企業というのは下に状況がわかっていない企業であるのです。

トップのキャラが表に立ちすぎていない会社を選択する

そんなことを言われてもどうすればよいのかと思った人もいると思いますが、ズバリ転職の際はトップのキャラが表に立ちすぎていない企業を選択するという手もブラック企業を避ける1つの手立てなのです。やはりトップのキャラが表に立ちすぎている企業はトップの意見が他の企業よりも絶対的で自分=ルールと解釈している人が少なくありません。こうなってしまうと社員一人ひとりの意見など通るわけもなく言い方が悪くなってしまうかもしれませんが会社の奴隷みたいな状態になってしまいます。そのことから会社のトップのキャラが強すぎる企業を避ければブラック企業に当たる確率を少なくすることができます。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが巷でブラック企業と言われる企業の特徴として挙げられるのが経営トップのキャラが立ちすぎていてその思考の強さが強すぎるあまり結果、それが社員に過重労働をさせてしまっているという特徴があります。そしてそのことを踏まえブラック企業を避けるには経営トップの思考が強すぎない企業から探していくというのも一つの手ではないでしょうか。