011

転職面接で心がけたいこと

2016年6月20日

面接というのは、就職活動をする上で全員が乗り切らなければいけない関門です。特に、苦手な人にとっては、すごくプレッシャーのかかるものですよね。しかし、転職の面接では、就活生より、多くのことを求められます。そのため、しっかりと対策をしていかないと失敗してしまうでしょう。ここでは、転職の面接でのポイントについて、考えていきたいと思います。

礼儀作法をもう一度確認

面接の話になると、「とにかく明るく元気に振る舞おう!」といったアドバイスを言う人がよくいますが、転職面接では、元気なだけではいけません。社会人としての経験があるため、一般的な礼儀作法が、きちんと身についているかチェックされます。当たり前のようにマナーを守れるのが理想ですが、不安な人は、今一度、面接におけるマナーを確認した方がいいでしょう。

アピールポイントは「実績」

やはり以前の仕事で残した実績を問われることが多いです。「○○が得意です!」といった漠然としたアピールでは、その人が本当に能力のある人なのか、いまいち分からないですよね。それよりも、以前の仕事で、何を成し遂げたか、客観的に自分の価値を示せるものを考え、即戦力として働けることをアピールするのが大切です。つまり、言い換えれば、今、転職を考えてる人は、まずその企業で具体的な成果をあげることが将来のステップアップにつながると思って、目の前の仕事に一生懸命打ち込むのが重要だと思います。

面接は企業の雰囲気をつかむチャンス

社風や人間関係は、ホームページを見ているだけでは分かりません。面接や電話対応は、その企業の雰囲気や人間関係をつかむチャンスなのです。こちらから質問することで、自分のイメージと実際の雰囲気のギャップを埋めていきましょう。例えば、業務内容の確認をしておくことで、入ってから雑務を押しつけられたりするのかを知るヒントを得ることができます。他にも、面接会場に向かいながら、オフィス内の雰囲気を見ておくと、入社してから後悔するということが少なくなります。

まとめ

ここまで、転職の面接におけるポイントについて、考えてきました。基本的に面接は一発勝負です。いくら苦手だからと言っても、その一回で自分をしっかり売りこめなければいけないのです。面接で失敗することがないよう、事前に準備をして、しっかりと力を発揮してほしいと思います。