00050

転職失敗者たちの声

2016年3月30日

数多くの転職マニュアルが出版され、転職エージェントや転職サイトといったサービスが充実したことで近年、転職をしてキャリアを練り直す人が増えています。しかし、全ての転職者が満足しているわけではありません。中には「しなきゃよかった」と嘆いている人も多くいます。そこで今回は「人のふり見て我がふり直せ」ということで転職失敗者たちの声を紹介し、対策を伝授したいと思います。

転職先が自分と合わなかった

「前の会社が嫌で勢いで辞めてしまいましたが、焦って決めた転職先が自分の思っていた感じと違うことに気付きました」や「ネットや会社説明会で知ったことと実際は違っていました」といったように仕事内容や待遇、社内の雰囲気などが自分が思っていたイメージと違っていたり、転職先とのミスマッチを感じた人は多いみたいです。転職先とミスマッチしてしまう原因は
・会社を辞めたことで経済的期限が迫っていた
・無職期間(収入ゼロ・実務経験のブランク・世間体)に不安を感じていた
・なかなか転職先が決まらずストレスを感じていた
ことからくる焦りだと思います。焦らないためには計画性が重要です。半年先くらいまで具体的な転職スケジュールをしっかり立てる必要があるでしょう。

要望が叶わなかった

「頑張って転職したのに、結果的に給料が下がってしまった」や「転職して2年が経ちますが、いまだに自分がやりたいことができていません」といったように、わざわざ転職活動をしたのに仕事内容や待遇面で自分の要望が叶わなかった人も多くいます。これには「企業へのリサーチ不足」と「条件交渉の失敗」が理由として挙げられます。ネット上のうわべだけの情報を鵜呑みにするのではなく、実際に働いている人に確認したり、面接や採用の際に条件を交渉する必要があるでしょう。また、要望をたくさん持つことも危険です。本当に譲れない条件とそうでない条件を判断しておくことが自分に合った転職先を見つけるカギとなります。

長期間転職先が決まらなかった

「今の会社との両立が難しく、なかなか転職先が決まりません」や「勢いで転職活動を始めたけど、希望する企業から内定がもらえない」といったように仕事を続けながら転職先を決めるのは大変です。選考が進むと面接日時の調整が難しかったり、なかなか本腰が入れられないと思います。選考が進み転職先が具体化してきたところで今の仕事を辞める勇気も必要かもしれません。また、就活に比べて間口が狭い転職活動で内定をもらうのは難しいです。求人が出る前に志望理由やアピール内容を準備してすぐに応募できるようにしておきましょう。