00063

エステティシャンとして女性をキレイにしたい

2015年11月2日

お客様の身体をキレイにしながら悩みや要望を解消し、喜んでもらうエステティシャンは「フェイシャル」「ボディケア」「脱毛」「カウンセリング」の4つからなる美容のスペシャリストです。近年、女性のみならず男性の美容に対する関心が高まっており、今後ますます人材が求められていく職業だと思います。大手サロンの求人・募集では未経験者も多く採用しており、就職・転職もしやすい業界のようです。

仕事内容

エステティシャンはカウンセリングして聞きだしたお客様のニーズに合わせ、フェイシャル・ボディケア・脱毛といった施術でキレイにしていく仕事です。キレイにするだけではなく、お客様の悩みを解消しリラックスさせることが求められます。

必要なスキル

エステティシャンはお客様の身体に直接触れるデリケートな仕事のため、働く際には施術の技術や人体・美容・使用する機器についての知識などが求められますが、こういったスキルは実際に働きながらで身につけることができます。それ以上に必要なのがコミュニケーション力と美容についての興味・向上心です。
コミュニケーション力
お客様から身体の悩みや要望を適格に聞きだし、信頼してもらうためのコミュニケーション力は必要不可欠です。
美容についての興味・向上心
お客様の要望を理解し、適格なケアを施すためにファッションやヘルスケア・美容の知識や流行についての興味や向上心が求められます。これに加えてエスティシャン志望者=ライバルが多い業界で資格の取得はやはり有効です。取得すれば自分の実力や実績を証明することができます。

働くメリット

1)やりがいがある
お客様をキレイにしながら悩みを解消し、笑顔で帰ってもらう仕事はやりがいがあります。
2)美容に関するスキルが身に付く
女性の場合、手に職が就くというのは非常に大きなメリットです。美容に関する知識は自分にとっても大きな財産になるでしょう。
3)将来性が高い
エステティシャンの経験とスキルがあればスパやホテル・美容アドバイザーなど様々な職業に就くことができます。美容のニーズが高まっている中、今後さらに活躍の場が広がっていくでしょう。

手に職がつけられる仕事

エステティシャンは様々なことが求められる仕事ですが、女性にとって非常にやりがいがあり、そこで培ったスキルが自分の財産になるとても魅力的な仕事だと思います。
美容やファッションに今日がある方は是非目指してみてはいかがでしょうか。