001

転職活動には家族の理解が不可欠

2016年12月20日

転職活動を行う上で家族がおらず独身の人はすべて自分の意志で動けるため、転職も自由に進められると思います。しかし、家族がいると家族の生活のことを考えて転職に慎重になってしまうことも。今回は転職活動において家族から理解を得て応援してもらう方法を考えます。

今の会社の状況、自分自身のことは正直に話す

家族から転職への理解を得るためには自分が転職を考えていること、転職したいと思った理由、そして今自分が会社でどのような仕事をしているか全て正直に話しましょう。勤めている会社は知っていても、家族は普段自分がどのような仕事をしているかは細かいところまで知らないことが多く、自分から家族に話すことも少ないでしょう。家族に対しては自分の状況や思いを話しておいて理解してもらえるように努力しましょう。

奥さんには早めに転職の意志を伝えておく

転職活動に踏み切る時にはまず初めに奥さんにそのことを伝えておきましょう。世の男性方は奥さんにお財布を握られていることが多いでしょう。家計を管理している奥さんには転職活動のことは早めに伝えておくべきです。転職活動で収入が減ったりすれば家族の生活に影響が出ます。早めに転職の相談をして奥さんに家計のやりくりをお願いしましょう。

子どもの環境変化も考慮して転職活動をしよう。

家族にとって転職活動は家計の変化もありますが、子供の環境変化も考えなくてはなりません。転居を伴う転職活動では家族みんなで引っ越す場合、子供には通う学校が変わることで新たな友達を転校先で作ったり新たな人間環境の形成が負担としてのしかかります。転職活動に関しては子供にもしっかりとそのことを子供が理解できる範囲で伝えて応援してもらう努力が必要です。子供にとっていいタイミングを選んで転居するなら進学や進級クラス替えのタイミングで引っ越しして新しい学校に転校すれば、新たな環境に入って行きやすいです。

家族の理解を得た方が転職は上手くいく

転職活動にあたり家族の理解は重要です。はじめは家族も不安に思うことがあると思いますが、今よりより良い環境や給与、仕事を求めていることをしっかりと話せば家族の理解に繋がります。家族の理解があれば転職活動に対しての気の重さが減りますし、行き詰ったときには支えになります。一人で転職活動をするより家族みんなで頑張ることでやる気も出ますし、転職活動の成功にも繋がります。