007

転職先ですぐ打ち解ける方法

2016年3月29日

転職先ですぐ打ち解ける方法

職場で活躍するためには会社に慣れ、社員と打ち解ける必要があります。しかし転職の場合、新入社員のように同僚はほとんど居ませんし、年齢的にもすぐに打ち解けるのは大変だと思います。そこで今回は転職後すぐに活躍できるように転職先ですぐ打ち解ける方法を紹介します。

転職先ですぐに打ち解けられる4つのテクニック

初対面の人とすぐに打ち解けるのは簡単ではありません。今回は人付き合いが苦手な人でもすぐに実践できる4つのテクニックを紹介するので、参考にしてみてください。
質問から始める
まずは質問をしてお互いを知りあうことでコミュニケーションの足がかりをつくりましょう。仕事内容の話はもちろん、趣味や休日の過ごし方などプライベートの質問をするとより親密になれるかもしれません。適度にいろんなことを質問しながら相手との話題を見つけていきましょう。気軽に話題を広げられるのでコミュニケーションを取るのが苦手な人にもおすすめです。
共通点から話題を見つける
人同士が仲良くなるためには何か共通点が必要です。コミュニケーションを重ねて相手のことを知ってきたら次にその人との共通点を見つけましょう。共通点を話題にすればその人と盛り上がることができるはずです。好きな音楽や趣味、仕事のやり方などなんでもいいと思います。共通した話題でコミュニケーションをとることで“共感”が生まれたとき、その人とあなたは打ち解けた関係になれるはずです。
お酒とたばこは有効に使う
職場の人と急激に距離を縮められるアイテム、それがお酒とたばこです。もしどちらかを嗜んでいるのなら利用しない手はありません。お酒の席や喫煙所などでは社内よりも近い距離でコミュニケーションがとれるので急激に良好な関係を築くことができます。しかしお酒の席では席の座り方やお酒の飲み方など様々なマナーがあるので注意が必要です。上司に失礼がないようにマナーを守りながら楽しみましょう。
状況によって自分を曲げることも大事
自分と共通したことで関係を築くのには限界がありますし、人にはそれぞれの価値観やスタイルがあるのも事実です。そういったときには自分を曲げることも必要となってくるでしょう。状況によっては相手に合わせる柔軟性も大事だと思います。

自然体で接することが大事

とはいえ無理に相手へ合わせたり、わざと機嫌を取ろうとする必要はありません。今回紹介したテクニックを参考にしつつ自然体で接することが大事です。