00175

華麗なる入社・退職の挨拶

2015年11月27日

転職が決定すると、避けては通れないものが2つあります。それは、退社日のあいさつと転職後の入社あいさつです。この2つの行事は、転職を行うにあたり避けては通れない道でもあります。 このあいさつを軽いものと思っていませんか?  あいさつ1つで、印象は大きく変わってきてしまうので、出来れば慎重に攻めたいところ。あいさつを軽くみていると、「一体何だあの人は」という反応をされてしまう可能性もあるのです。では、どのようなあいさつをすればよいのでしょうか?

退社をかっこよくするあいさつ 

基本的に、退社のあいさつは一斉メールで送ることが多いです。また、その際は必ずTOではなく、BCCに一斉送信するアドレスを載せるのが常識です。これを意識することが大切です。また、転職するときは、転職理由を明記しなくても問題ありません。もちろん、出産や結婚といった大きな行事が絡んでいるようであれば、そのことに触れて退職する旨を伝えてよいでしょう。また、特にお世話になった人に関しては、直接あいさつをしに行くということも大切です。もちろん、相手の状況によっては、忙しくてそれどころではない。という可能性もあるかもしれません。しかし、出来ればお世話になった人に関しては相手の表情を見て伝えるということが大切であると思われるので、出来るだけやるようにしましょう。これを行う人は最近ではいないため、もしかすると、あの人はやっぱり違ったと思わせるきっかけになるかもしれません。

入社あいさつ 

退社あいさつの一方で入社あいさつはどうすればよいでしょうか。新参者であるため、目立ったことを行うというよりも、何もわからない自分に色々と教えてください。という姿勢が大切です。 そのため、誠意を込めてこれからよろしくお願いします。とあいさつする姿勢が大切になってきます。 このポイントをよく覚えておきましょう。1日目のあいさつで、低姿勢かつ自分とはどういう人物かということを相手に伝えることが出来ればよいあいさつをしたと言えるでしょう。とにかく謙虚な姿勢が大切です。

まとめ 

このように、仕事にはすぐ直結することはないあいさつですが、あいさつも慎重に扱うものであると言えます。あいさつをおろそかにしてはいけません。1つ1つの行動を大切にしていくことが、仕事をする上で大切なスキルになってくるのです。転職する際は、是非あいさつに気をつけてみてはいかがでしょうか。