011

転職を考えている女性に送りたい、転職の心得

2015年12月27日

いまや、女性の社会進出はどんどんと進み、男性とおなじくらいにバリバリと働いたり、結婚と出産を経ても仕事をこなす人が増えています。
企業によっては、女性の採用を積極的に行う場合も増えてきており、今は転職する女性にとってチャンスでもあります。

今では、自身のキャリアを生かしてキャリアアップしたり、雇用形態にこだわらないで、上手く転職している女性も多くいるのです。

では、実際に転職をする際にどんなことを心得ておけば良いのでしょうか?

将来のヴィジョンをしっかり持とう

転職をした方が良いのだろうか、と悩んでいるとき。
まずは、自分の状況と求めている理想をしっかりと把握しましょう。
なんとなく今の職場が合わない、好きじゃないから転職しよう、なんて気持ちで成功するはずがありません。
例えば、5年だとか10年ほど先を考えてみましょう。
お子さんがいる方は、育児が大変になっている時期かもしれませんよね。それとも、親の世話がそろそろ必要になっている時期かもしれません。

次に、自分が仕事に対して、何を求めているのか。理想を探ってみましょう。
給与が安い、やりがいが欲しい、残業が少ないところが良い、キャリアアップがしたい。
現状のどこに不満を感じていて、改善したいと望んでいるのかを冷静に整理します。

転職をしたからと言って、それが必ずしも理想どおりに改善されるという甘い話はないのです。

転職という選択肢は、ある意味リスクを含んでいます。
だからこそ、そこを踏まえて自分の転職理由や将来へのヴィジョンを明確にしておくことで、こんなはずでは……、という事態を回避できるようにしましょう。

譲れない部分を明確に

転職の目的の整理が済んだら、次はここだけは絶対に譲れない!という優先順位を決めましょう。
自分の理想どおりの就職先が見つかれば、それは幸運なことです。
しかし、多くの場合はある程度の妥協というものは必要になってくるもの。
会社選びをする際に、自分が妥協できるポイントと出来ないポイントを決めておくことによって、転職活動を円滑に進めることが出来ます。

情報は広く仕入れる

転職先を探す際にやりがちなのが、求人情報誌をさっと見て、合うところがないとすぐに諦めてしまうこと。

もしかすると、それが転職先の幅を狭めているかもしれません。
今は紙面求人などよりも、WEB求人が一般的になりつつあります。
さらに、サイトによっては非公開の求人を見れるところもあるのです。そのため、転職先を探す場合は、WEBで広く情報を集めてみましょう。
しかし、ただ闇雲に検索するだけではなく、とくに転職に強いとされている求人サイトを中心に、情報収集することも重要です。

参考URL:

http://aslinkwork.com/blog/detail/2